パチンコの歴史

 日本には12000店を超える数のパチンコ店があります。それだけ多くの人がパチンコをエンジョイしているというわけですね。日本におけるパチンコの歴史はかなり長いです。長い歴史のなかでパチンコは進化してきましたので現在でも多くのパチンコファンがいるわけですね。そこでこのページではみなさんにパチンコの歴史を紹介します。パチンコの歴史を知っておくことで役に立つ場面はないかもしれません。しかし、パチンコの奥深さを理解することができますのでもっとパチンコを楽しむことができます。自分でパチンコの歴史を調べることは面倒ですよね。せっかくですので、このページの内容をしっかりとチェックしてほしいと思います。
 日本にパチンコがやってきたのは戦前のことです。縁日などでよく見かけるスマートボールと関係があると思っている人が多いようですが、パチンコとスマートボールに直接の関係はないそうです。パチンコの発祥は大阪であるという説が一般的です。外国から輸入したパチンコの原形がこのとき大阪で普及したそうですね。このときのパチンコの原形の台はすでに現在のパチンコ台のようなかたちでした。木製のこのゲームマシンはバネの力で玉をはじいて、当たりの穴に玉を入れるというものでした。ほぼ、現在のパチンコ台と同じしくみですね。その後、日本のパチンコは法律によって、しっかりと規制されることになります。法律によって規制されたパチンコ店がはじめて登場したのが1930年代といわれています。このとき、現在につながるパチンコ産業がスタートしたといえるでしょう。
 戦後になってパチンコは風営法によって規制を受けることになります。風営法とはさまざまな風俗営業を規制するための法律です。パチンコは景品を買い取ってもらうことによって現金を得ることができます。そのため、政府からはむやみに射幸心をあおると危険視されることになります。ですから、風営法という法律によってパチンコは規制を受けるのですね。1950年代になるとパチンコ産業も近代化してきます。この時期には、現在も存在するパチンコメーカーが創業しはじめます。京楽や西陣などといった日本を代表するパチンコメーカーがスタートしている時期です。この時代には全国のパチンコ店の数が30万店を超えたそうです。現在の店舗数の2倍以上の数です。ほんとうに驚きの数だと思います。それだけ多くの人がパチンコに熱をあげていたのですね。
 1970年代に入ると電飾を利用したパチンコ台がどんどん普及してきます。電飾と電子音でにぎやかなパチンコのイメージがこのころから出来上がってきます。そして、現在のパチンコ業界へとつながっていきます。なかなか長い歴史がパチンコにはあります。みなさんがパチンコをする場合にはこうした長い歴史の延長戦のうえでパチンコを楽しんでいるわけですね。なんだか感慨深いことだと思います。

パチンコでじゃんじゃんばりばり稼ぐサイトTOPに戻る

カテゴリ